介護の教科書:介護の基礎知識、ちょっと詳しく知りたい方へ

「介護」は、今や誰にとっても人ごとではなく、私たちの身の回りで日常的で欠かせないものになりつつあります。ここでは、介護サービスを受けるにあたって必要となってくる介護の基礎知識をまとめました。介護保険制度、要介護認定、ケアプラン作成についてご説明いたします。

  • 1. 介護の保険制度
  • 2. 要介護認定
  • 3. ケアプラン作成

Q. どんな人が介護保険に入るの?

A. 40歳以上の方全員*がすでに加入済みです。介護サービスを利用するには「要介護認定」が必要です。

※ 国民健康保険、健康保険に加入している40歳以上の方が対象です。

介護保険対象者について

介護保険は、40才以上の方全員が加入者となって保険料を納め、介護が必要と認定されたときに、費用の一部(原則として1割)を支払って介護サービスを利用するしくみとなっています。年齢によって第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳から64歳までの方)の2つに分かれています。

!第1被保険者:65歳以上の方

全員に被保険者証が交付されます。

第1号被保険者は、介護や支援が必要と認定されたときにサービスを利用できます。(介護が必要となった原因は問われません)保険料は、年金から天引きなどで徴収されます。

!第2被保険者:40歳から64歳までの方

要介護認定を受けた方に、被保険者証が交付されます。

第2号被保険者は、老化が原因とされる病気(特定疾病)で介護や支援が必要と認定されたときにサービスを利用できます。(交通事故などが原因で、介護が必要になった場合には、介護保険の対象外になります。)保険料は、医療保険の保険料(国民健康保険や会社の健康保険など)として一括して徴収されます。

特定疾病

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
    (アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 糖尿病性神経障害、
    糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • パーキンソン病関連疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 関節リウマチ
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に
  • 1. 介護の保険制度
  • 2. 要介護認定
  • 3. ケアプラン作成

求人募集 登録ヘルパー募集中!

介護の基礎知識 介護の教科書

トップ訪問介護居宅介護小規模多機能 居宅介護看護 居宅介護認知症対話型 グループホーム
介護の知識会社概要 求人募集 お問合せプライバシーポリシーサイトマップ