介護の教科書:介護の基礎知識、ちょっと詳しく知りたい方へ

「介護」は、今や誰にとっても人ごとではなく、私たちの身の回りで日常的で欠かせないものになりつつあります。ここでは、介護サービスを受けるにあたって必要となってくる介護の基礎知識をまとめました。介護保険制度、要介護認定、ケアプラン作成についてご説明いたします。

  • 1. 介護の保険制度
  • 2. 要介護認定
  • 3. ケアプラン作成

Q. 家族の介護が必要になった・・・まず、何をしたらいいの?

A. まずは、「要介護認定」の申請が必要です。在宅介護センター薫にぜひご相談ください。

要介護認定 申請から通知までの流れ

1. 要介護認定の申請書を提出します

本人または家族が区役所高齢支援課地域ケアプラザ「要介護認定」の申請をします。在宅支援センター薫では、申請代行サービスを承ります。

必要な書類

  • 申請書、介護保険証または健康保険証
  • かかりつけの医療機関名、医師名の分かるもの
  • 印鑑(本人以外が申請する場合)
「要介護認定」とは?

要介護認定とは、高齢者が介護が必要な状態であるか、また、どの程度の介護を必要とするか判定を行うことを指します。

▼

2. 本人の状態を確認・調査します

  • 訪問調査
    専門調査員が家庭を訪問し、本人の心身状態や
    日常生活の自立度などを調査をします。
  • 主治医意見書
    主治医に意見書作成を依頼します。

▼

3. 審査・判定が行われます

保健・医療・福祉の専門家で構成される「介護認定審査会」で、訪問調査と主治医の意見書をもとに、どのくらい介護が必要かを判定します。

▼

4. 要介護認定の通知が送られてきます

30日以内に判定結果の通知が届きます。介護認定審査会の審査の結果、「要介護1~5」、「要支援1・2」、「非該当(自立)」のいずれかに認定されます。

ご不明な点があれば、在宅支援センター 薫に全てお任せください!利用料金等は一切かかりません。お気軽にお問い合わせください。

  • 1. 介護の保険制度
  • 2. 要介護認定
  • 3. ケアプラン作成

求人募集 登録ヘルパー募集中!

介護の基礎知識 介護の教科書

トップ訪問介護居宅介護小規模多機能 居宅介護看護 居宅介護認知症対話型 グループホーム
介護の知識会社概要 求人募集 お問合せプライバシーポリシーサイトマップ